ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンGKノイアー主将が、トゥヘル監督が今シーズン限りで退任することに初めて触れ、選手たちに厳しいコメントを残した。25日(日本時間)ホームで行われたライプチヒ戦で、2-1で勝った後、スカイスポーツのインタビューに「成績が悪いのはすべて監督の責任とは思わない。すべての選手は罪意識を持たないといけない。常に自分自身を振り返らないといけない。今シーズンは過去のように、他のチームに当たり前のように勝つという自信はなかった」と話した。