コンテンツエリア



メインコンテンツ

フィギュアスケートバナー

フィギュアスケート

坂本花織

坂本花織

さかもと・かおり

坂本花織

所属シスメックス

生年月日2000年(平12)4月9日

身長159センチ

出身地神戸市

主な戦績18年4大陸選手権優勝、平昌五輪6位入賞、全日本選手権優勝

コーチ中野園子、グレアム充子、川原星

2020-21楽曲SP=バッハ・ア・ラ・ジャズ、フリー=マトリックス

2020-21振付師ブノワ・リショー

2019-20楽曲SP=ノールーツ、フリー=マトリックス

2019-20振付師シェイリーン・ボーン、ブノワ・リショー

自己ベスト総合223・65(19年世界国別対抗戦)世界11位
SP76・95(19年世界国別対抗戦)世界7位
フリー146・70(19年世界国別対抗戦)世界12位

練習時間(週)56時間(2019-20)→28時間(2020-21)

趣味水泳、折り紙、手芸

SNS、ブログなどなし

関連ニュース

プロフィル

4歳でスケートと出会い、1学年上の三原舞依と切磋琢磨(せっさたくま)。ダイナミックなジャンプを武器に12年全日本ノービス選手権でノービスA優勝。16年全日本ジュニア選手権で初優勝を飾った。17年3月の世界ジュニア選手権ではザギトワ(ロシア)、本田真凜に続く3位となり、五輪シーズンに弾みをつけた。

シニア1年目となった17〜18年シーズンは、グランプリ(GP)シリーズデビューとなったロシア杯で5位。それでもGP2戦目のスケートアメリカで2位に食い込み、12月の全日本選手権2位で平昌五輪出場権をつかんだ。

年明けは1月の4大陸選手権で初優勝を飾り、平昌五輪ではSP5位、フリー6位で6位入賞。フリー最終組の経験を糧に「しっかりと4年間やりこんで、次はSPもフリーも、自己ベストを更新したい」と22年北京五輪を見据えた。

五輪翌シーズンは18年12月の全日本選手権でSP2位からの逆転を果たし、初の全日本女王に輝いた。19〜20年シーズンは苦しい戦いを強いられたが、20〜21年シーズンに再浮上。挑戦中だった4回転ジャンプを封印し、高さと幅のある3回転までのジャンプで高い加点を得た。大阪で行われたNHK杯でGP初優勝を果たし、全日本選手権でも紀平梨花に続く2位。「この全日本で去年(6位)のリベンジができた」と自信をつかんだ。2大会連続の五輪出場を目指し、得意のジャンプだけでなく、表現の引き出しも増やしている。




スポーツ

錦織圭、左股関節のけがで内視鏡手術 半年後の復帰…
錦織圭、左股関節のけがで内視鏡手術 半年後の復帰… [記事へ]





右カラム