SP7位で昨季ジュニア3冠の松生理乃(中京大中京高)はフリー121・38点、合計184・36点で8位だった。SP世界記録の87・42点で首位発進した15歳カミラ・ワリエワ(ロシア)が同185.29点、合計272.71点で優勝。第2戦スケートカナダでフリー180・89点、合計265・08点の世界歴代最高点をさらに更新した。


順位選手SPフリー合計
カミラ・ワリエワ87.42185.29272.71
エリザベータ・トゥクタミシェワ80.10149.13229.23
マイア・フロミフ64.72154.97219.69
マライア・ベル69.37140.98210.35
ルナ・ヘンドリックス64.44139.25203.69
マデリン・シーザス67.82124.32192.14
ビクトリア・サフォノワ58.19127.45185.64
松生理乃62.98121.38184.36
エカテリーナ・クラコワ56.43119.21175.64
10エカテリーナ・リャボワ58.87116.37175.24
11エバロッタ・キーブス49.26113.85163.11
12オルガ・ミクティナ57.09104.00161.09


松生理乃

3F/3Lz+3T+2T/2A/2A/FCCoSp/StSq/3Lz+2T/3S+3T/3Lo/ChSq/CCoSp/LSp

GP第6戦ロシア杯 フリーで演技する松生理乃(ロイター)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技する松生理乃(ロイター)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技する松生理乃(ロイター)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技する松生理乃(ロイター)

カミラ・ワリエワ

GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技を終えたカミラ・ワリエワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技を終えたカミラ・ワリエワ(AP)

エリザベータ・トゥクタミシェワ

GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)
GP第6戦ロシア杯 フリーで演技するトゥクタミシェワ(AP)

出場選手とSP得点

グループ1

エバロッタ・キーブス(エストニア)49.26

エカテリーナ・クラコワ(ポーランド)56.43

オルガ・ミクティナ(オーストリア)57.09

ビクトリア・サフォノワ(ベラルージ)58.19

エカテリーナ・リャボワ(アゼルバイジャン)58.87

松生理乃(中京大中京高)62.98

グループ2

ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)64.44

マイア・フロミフ(ロシア)64.72

マデリン・シーザス(カナダ)67.82

マライア・ベル(米国)69.37

エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)80.10

カミラ・ワリエワ(ロシア)87.42


◆グランプリ(GP)シリーズ 欧州、北米、アジアを巡る6戦。勝ち残った6人、6組だけが、その先の大阪でのGPファイナルのリンクに立つことを許される。男子39人、女子45人、ペア26組、アイスダンス35組、20カ国から集うトップスケーターたちが出場2試合の成績で決まる日本行きの切符をかけ、熱き氷上バトルを繰り広げる。

GPポイント表

◆フィギュアスケート北京五輪代表選考 シングルは男女ともに最大3枠を確保しており<1>全日本選手権(12月)優勝者が1人目<2>全日本2、3位、GPファイナル出場者上位2人、全日本終了時点の国際スケート連盟(ISU)シーズンベストスコア上位3人、の中から2人目<3>最後に(2)で漏れた中からISU世界ランキングなどを総合的に判断して3人目を決める。全日本出場は必須だが、過去に世界選手権3位以内など実績を持つ選手が、けが等でやむなく参加できなかった場合の救済措置もある。