日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。

  1. スポーツ
  2. ニュース

スポーツのRSS

美姫、来季引退へ/独占インタビュー

時折、笑みも交えながら真摯に今後について語る安藤
時折、笑みも交えながら真摯に今後について語る安藤

 フィギュアスケート前世界女王の安藤美姫(24=トヨタ自動車)が来季限りでの現役引退を明言した。9日、日本スケート連盟を通じて、指導者不在による調整不足で、GP(グランプリ)シリーズの中国杯(11月2~4日、上海)とフランス杯(11月16~18日、パリ)の欠場を発表。同夜に日刊スポーツの取材に応じ、今後の半年間を完全休養し、五輪シーズンとなる来季でアマチュアを引退する決意を明らかにした。来季はファンのためにいずれかの試合で最後の演技をすることを誓ったが、14年2月のソチ五輪は「今は考えていない」と話した。

 日本スケート連盟を通じて今季GP欠場という決断を発表した夜、安藤は自分の気持ちを確かめるように、現在の正直な思いを口にした。

 安藤 はっきり言って来季がラストのシーズンと思っています。どの試合でもいいので、もう1度出させていただいて演技をさせていただけたら。今まで支えてくれた方のためにも、恥ずかしくない演技がしたい。今までやってきたことを100%出したい。

 GPシリーズ欠場を発表した理由も、今まで応援してくれたファンのために万全の演技で有終を見届けてもらいたかったからだった。現状ではそれは無理だった。だから今季は休養という苦渋の決断をするしかなかった。

 連盟から発表された欠場理由は2点。(1)GPシリーズを戦うために絶対不可欠な指導者に巡り合うことができず、現在も指導者不在で練習せざるを得ない状況であること(2)その事情もあってGPシリーズに向けて技術的、精神的な調整が間に合わなかったこと。

 安藤 やはり、コーチが決まらなかったことが大きいです。ニコライ(・モロゾフ)コーチに信頼を置いていたので…。3月に今季は指導できないと言われ、それ以降も面と向かっては(コーチ関係の解消)言われてなかったんですが、結果的にそうなってしまいました。

 5月になっても結論が出ず、次のコーチを探すタイミングも遅れた。その後、何人かのコーチとコンタクトを取ったが、結果的にモロゾフ氏に代わる人物に巡り合えなかった。

 今季から作られた国際スケート連盟(ISU)の「誓約書」のルールも想定外だった。前年度のGPシリーズを欠場し、今季2試合以上の試合出場を希望する選手には出場を確認する誓約書にサインする制度で、5月までに回答しなければならなかった。

 安藤 予想外に早い時期でした。でも、その時にサインをしないとGPシリーズに出場できなくなる。サインした上で少しずつ前に進めばと思ったのですが…。最終的に欠場を決めたのは9月15、16日に新潟で行われたアイスショーの後です。この状態では他の選手にも失礼になると思ったので。

 今後は1度、完全に公の舞台から離れる。半年間、休養生活に入る。打診があった年末のアイスショーも断った。

 安藤 1度離れてみたら、少しでも「滑りたい」という気持ちが出るかもしれない。

 ラストシーズンに向けて動きだすのは来年2、3月。同時にISUの判断も待つ。GPシリーズの誓約書にサインした上で、ケガ以外で欠場した場合には、罰則が科せられるからだ。来季のISU主催大会の出場停止なども含め、処分が決まる。

 安藤 どのような裁定になるか分かりませんが、その結果では国際大会には出られないことも覚悟しています。でも、どの大会でも、どの試合でもいいので、ファンの方の前で滑ることはします。

 今は来季のソチ五輪出場という気持ちはない。

 安藤 ソチに関しては何も考えていません。私は日本の地方のブロック大会が最後でもいいですし、そういう意味では今の目標は(ISU主催大会ではない)来年の全日本選手権になると思います。

 全日本選手権はこれまで五輪選考大会を兼ねてきた。ソチ五輪も代表選考対象試合になることが濃厚だが、現時点で五輪までは考えられないという。

 この1年はプロスケーターとともにアイスショーに出続けた。その中でアマチュア引退後の自分の姿も思い描くことが多くなったという。

 安藤 引退した後にこういう演技、ショーをしたいなとか、今までなかったくらい考えが膨らんで。それもなかなか競技に気持ちが向かなかった要因かもしれません。でも、来年、最後に皆さんの前で競技者としての安藤美姫をみていただいて、最後にする気持ちは変わりません。感謝の気持ちを込めて滑りたいと思っています。【取材・構成 阿部健吾】

 ◆GPシリーズ 米国、カナダ、中国、ロシア、フランス、日本の6カ国で行われ、男女シングルは1大会10人、ペアは8組で競う。選手は基本、2大会に出場し、順位でポイントを獲得。合計点の上位6人がシリーズ王者を決めるファイナルに進出。今年は14年ソチ五輪の会場で行われる。ファイナルで日本女子は03年に村主章枝、05、08年に浅田真央が優勝しているが、男子の優勝者はいない。

 [2012年10月10日11時22分 紙面から]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞