放送作家高須光聖氏(60)が25日、TOKYO FM「いいこと、聴いた」(日曜午後1時)に出演。芸能活動休止中のダウンタウン松本人志(60)に触れる場面があった。

高須氏は兵庫・尼崎出身で、同郷同学年のダウンタウンとは幼なじみにあたる。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」「水曜日のダウンタウン」「IPPONグランプリ」などを同コンビの出演番組を多数手がけるなど盟友として知られる。

60歳となり、パーソナリティーの秋元康氏から「早くない? あっという間でしょう? 還暦までが」と聞かれると、「あっという間です。ビックリしました。世の中ではおじいちゃん」と感慨深げに話した。

また「こんなことお話ししていいのか分からないですけど、僕の同級生の芸人の人は人生が変わったりするじゃないですか、いろんなことで」と暗に松本について触れると、「思ったようには人生っていかないから。不謹慎かもしれないですけど、無責任なことを言うと、人生ってそう簡単には収まらないから面白いな」と語った。