吉本興業が22日付で契約解消した岩橋良昌(45)とのお笑いコンビ、プラス・マイナスを解散しピン芸人として活動することになった相方の兼光タカシ(45)が26日までにX(旧ツイッター)を更新。兼光がモノマネしているオール巨人に感謝した。

オール巨人から届いた「芸人はお客様に助けられて…仲間に生かされる…頑張りや!」とのエールに対し、「ありがとうございます! 巨人師匠のものまねにも助けられてます!笑 これから益々やらさせて頂きます!」と返信した。

兼光は25日、解散して初めてピンで舞台に立ったことを報告。「劇場に着くと後輩達、スタッフさんが無言のハグを笑 出演時には沢山の後輩が見届けてくれて(帰れって笑)お客様は鳴り止まない拍手で迎えてくれて、戻ってきたら袖で皆んな見ててくれてて(帰れって笑)次のトリの佐久間一行さんには僕のこと沢山触れて頂き、終わってからは大好きな先輩にご飯を連れていってもらいました」と周囲の反応をつづり、「我ながら愛されてるんだなと思いました。最高の会社、最高の舞台、最高の仲間、最高のお客様で幸せです。ありがとうございます!」と感謝。「頑張っていきます!」と意気込みをつづっていた。

吉本は22日、公式サイトで、岩橋との契約解消を公表。「X(旧Twitter)等のSNSにおいて、関係者の名誉を毀損する不適切な投稿行為や配信が認められた」として注意指導をしてきたが、その後に要請に反する投稿があったとし、「これ以上のマネジメント契約の維持は困難と判断し、やむなく契約解除通知をするに至りました」と経緯を説明していた。