TBSは28日までに連続ドラマ「不適切にもほどがある!」(金曜午後10時)の番組公式サイトを更新し、一部放送内容について誤解を招く表現があったとして謝罪した。

同局は「2月23日に放送した第5話の中で、在宅酸素療法をしている患者の近くで煙草に火をつけるシーンがありました」と問題のシーンに言及。「酸素吸入中、周囲2m以内での火気の使用は、火災等のおそれがあることから厳禁とされています」と説明し、「誤解を招く表現となりましたことをお詫び申し上げます」とした。

同ドラマ第5話では、阿部サダヲ演じる主人公・小川市郎が、渚(仲里依紗)の父・犬島ゆずる(古田新太)とホテルのラウンジで対面。心臓手術を受け、携帯用酸素ボンベを使用しているゆずるの前で、市郎がたばこを吸おうとする場面が描かれた。

同ドラマは「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」など愛される作品を生みだした、脚本の宮藤官九郎氏と磯山晶プロデューサーと阿部の黄金タッグ、最高のキャストでお届けする意識低い系タイムスリップコメディー。阿部演じる主人公・小川市郎はひょんなことから1986年から2024年の現代へ。昭和のダメおやじの不適切発言が令和の停滞した空気をかき回すが、市郎の極論が、コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていくことに。タイムスリップしたことで出会う人々との絆を描くヒューマンコメディーでもある。

また、「この作品には不適切な台詞が含まれていますが 時代による言語表現や文化・風俗の変遷を描く本ドラマの特性に鑑み 1986年当時の表現をあえて使用して放送します」といったテロップが掲出されることも恒例となっている。