女優門脇麦主演の日本テレビ系連続ドラマ「厨房のありす」(日曜午後10時30分)の第7話が3日、放送され、平均世帯視聴率5・4%(関東地区)、個人視聴率3・3%だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。

第1話は平均世帯6・2%、個人3・6%、第2話は平均世帯5・2%、個人2・9%、第3話は平均世帯4・7%、個人2・7%、第4話は平均世帯5・2%、個人3・1%、第5話は平均世帯5・5%、個人3・1%、第6話は平均世帯5・2%、個人3・0%だった。

門脇が演じるのは、コミュニケーションを取るのが苦手な自閉スペクトラム症(ASD)を持ちながらも、化学の知識をもとに客の健康や精神状態に合った食事を作る天才料理人。幼なじみと切り盛りする人気店に、住み込みバイト希望でやって来るのがKing&Prince永瀬廉演じる青年という設定。大森南朋が、主人公の父でゲイという役どころを演じる。舞台演出家、映画監督の玉田真也氏のオリジナル脚本となる。

▼第7話あらすじ

「俺もありすのことが好きだ」-。倖生(永瀬廉)に抱きしめられて、ありす(門脇麦)はドギマギ…。次の日、なんだか気まずいありすと倖生。察しのいい和紗(前田敦子)は「お前ら、なんかあったな?」とニヤニヤ。が、幸せもつかの間。倖生の過去がSNSで拡散されて…。