河野太郎デジタル相が答弁中のスマートフォン使用を注意されたことをめぐり、自民党の小泉進次郎衆院議員や国民民主党の玉木雄一郎代表ら与野党5党1会派の国会議員が29日、国会内で会見し、国会内でのデジタル機器使用ルール見直しに向けて動きだすことを明らかにした。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)に特化した小委員会を国会内に設置するよう働きかける意向も示した。

27日に河野氏がスマホ操作で注意されたのを発端に、委員会室でのスマホ使用が禁じられている現在のルール見直しを、玉木氏がX(旧ツイッター)でつぶやいたのがきっかけとなり、有志が集まることになった。進次郎氏は「現在、国会改革小委員会というものがあるが、それとは別に国会のデジタル化を推進する『国会DX小委員会』のようなものを立ち上げる」と、DXに特化した小委員会設置のアイデアを披露。「スマホ使用を含め、政治の側がDXを求めているにもかかわらず、国会では全然DXが進んでいないという現状に風穴をあけていきたい」と述べた。

玉木氏は「タブレットならOKだがスマホはだめという(現在のルールの)差がよく分からない。政府がDXと言う以上、1度きちんと議論し、こういったルールを見直して国会がDXを推進している姿をしっかり示すべきだ」と訴えた。参院予算委員会で河野氏に注意した末松信介参院予算委員長から「ルールだから注意したが、見直したらいい」と話しかけられたことを明かし「しっかり議論して、速やかに見直していくべき」と述べた。

一方、国会のルール作りに関わる議院運営委員会の一員でもある日本維新の会の遠藤敬衆院議員は「さまざまな部分で国会の中は時代錯誤になっているのはいうまでもない。我々から国民に発信していく努力は必要」として、週内に予定される議運の場で、さっそく提案する考えを示した。

遠藤氏は、長年の慣習が踏襲され続けてきた国会のルールについて「小さなことでもなかなか変わらない」とした上で「一気に変えるのは難しいかもしれないが、1個1個、変えていけるよう努力をしていきたい」と述べた。【中山知子】