今年4月の区長選をめぐる公選法違反事件で木村弥生前区長が辞職したのに伴う東京都江東区長選は3日、告示され、5人の新人が立候補を届け出た。

いずれも無所属で、元東京都政策担当部長の大久保朋果氏(52=自民、公明、国民民主、都民ファーストの会各党推薦)、前江東区議の三戸安弥氏(34=自由を守る会推薦)、元国税庁職員の猪野隆氏(58)、医療法人理事長の小暮裕之氏(44=日本維新の会推薦)、前江東区議の酒井菜摘氏(37=立民、共産、れいわ、社民各党など支持)の5人。猪野氏は4月の区長選にも立候補した。

大久保氏は小池百合子都知事の特別秘書の秘書を務めるなど小池氏に近く、小池氏が擁立を主導。9月以降、立川市長選など東京都内の選挙で3連敗中の自民党が、選挙協力体制が修復されていない公明党とともに、小池氏系候補に「相乗り」する形となった。

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれている国連気候変動会議(COP28)出席から帰国したばかりの小池氏はこの日午後、黄緑色のブルゾンを羽織って大久保氏の街頭演説に駆けつけ、支援を呼びかけた。

一方、前区議の酒井氏は維新以外の野党による事実上の野党統一候補になった。

公選法違反事件で前区長が辞職したことを受けた選挙戦だけに、クリーンさが問われるほか、混乱する区政の立て直しについても争点になりそうだ。

投開票は10日。