今週日曜には、牝馬クラシック第2弾のオークス(G1、芝2400メートル、21日=東京)が行われる。

桜花賞2着馬コナコースト(牝3、清水久)が2冠目の奪取を目指す。

新馬戦を快勝してから、エルフィンS、チューリップ賞、桜花賞と3走連続で2着。惜しい競馬が続く。

清山助手は「カイバは食べているし、順調にきている。体の使い方が上手で、勝負根性がある。あとは輸送で体が減らなければ。良くなるのは先だけど、2400メートルで挽回できるチャンスはある」と期待を寄せていた。