3月5日付で引退する北沢伸也騎手(52)の引退式が、3月9日(土)午前11時35分ごろから阪神競馬場のウイナーズサークルで行われることになった。JRAが26日、発表した。

同騎手は90年3月にデビュー。10年から障害競走を専門に騎乗し、JRA通算3204戦282勝(平地122勝、障害160勝)、重賞9勝。重賞初制覇は02年阪神JS(ミレニアムスズカ)、J・G1は14年にレッドキングダムで中山大障害を制している。引退後は栗東・藤野厩舎で調教助手となる予定。