評論家コラム

ソラーテは恐ろしい守備を…困ったものだ/梨田昌孝

<阪神6-5広島>◇10日◇京セラドーム大阪

今季初めて「4番」を外れた大山が、「6番」に下がった途端に逆転サヨナラ本塁打の結果を示した。

阪神対広島 9回裏阪神無死一、二塁、大山(右)はサヨナラ3点本塁打を放ちナインに迎えられる(撮影・宮崎幸一)
阪神対広島 9回裏阪神無死一、二塁、大山(右)はサヨナラ3点本塁打を放ちナインに迎えられる(撮影・宮崎幸一)

梨田 わたしは本人に刺激を与えるとともに、気分的に楽に打たせるためにも、もう少し早い時期に4番から外してもいいと指摘していたほうだ。9回の一撃は、7回の右前打から右方向を意識していたからこその当たりだった。ただこれで再び4番に戻すということはまずないだろう。阪神には、4番が育たないのか、そういう素材をとれていないのか、ここは大きな課題になる。長打力に乏しいからソラーテ獲得に至ったが、これがとんでもない守れない助っ人だった。矢野監督も頭が痛いだろう。

3回表。左前打で出塁した菊池涼を一塁に置き、3番バティスタの打球が左翼ソラーテの頭上を越えて同点。続く鈴木の遊安で無死一、三塁となり、松山の左中間寄り打球をグラブに当てながらキャッチできず(いずれも記録は二塁打)。

梨田 恐ろしい守備をする。わたしに言わせればバティスタ、松山の二塁打は、2つともソラーテの失策だ。足も速いわけでなく、スタートも遅い。風も吹かないドームで、あの飛球を捕れないのでは、とても外野での起用はできないだろう。

4回の西は5長短打で4点を失ったが、左翼での先発が3試合目だったソラーテのまずい守備がなければ「0」で収まる可能性もあったということだ。

梨田 二塁、遊撃の守備も危ない。また外野でのミスは傷口を広げるし、どこを守ってもピッチャーの足を引っ張る。お粗末すぎて困ったものだ。広島バティスタのように長打力があれば話しは別だが、どれをとっても中途半端だ。今後の起用法について、現場はフロントを交えて話し合うべきだろう。

【取材・構成=寺尾博和編集委員】

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング