評論家コラム

阪神岩貞1球の意味分かっているか疑問/桧山進次郎

<巨人6-5阪神>◇15日◇東京ドーム

阪神はジョンソンが打たれては仕方ない。1点リードの8回。ゲレーロの2ランでひっくり返された。優勝という1点に向かっている巨人の集中力が、上回ったと言わざるを得ない。

巨人対阪神 3回裏巨人2死、坂本勇に左翼ソロ本塁打を許し打球を見つめる岩貞(撮影・浅見桂子)
巨人対阪神 3回裏巨人2死、坂本勇に左翼ソロ本塁打を許し打球を見つめる岩貞(撮影・浅見桂子)

阪神ベンチは勝ちパターンの岩崎、ジョンソンの2人を、「イニングまたぎ」をさせながら防戦に出た。しかし、岩崎が2イニング目になった7回、代打石川に被弾。結果的に2人とも1発を浴びて沈んだ。

ただ、ここで指摘したいのは、先発した岩貞の投球だ。先取点を奪われ、坂本にソロ本塁打浴びての3回3失点。個人的には今シーズン最も期待した左腕だっただけに、残念な1年だ。

巨人の各打者との対戦を見ていると、1球の意味を分かって投げているのかは甚だ疑問に映った。素材的には認められているのだから、もっとメリハリをつけながら「考えた投球」を心掛けてほしい。

メッセンジャーの現役引退で先発が1枠空いたことになる。来シーズンに向けて、先発争いが激しくなることを期待したい。

巨人対阪神 3回裏巨人2死、坂本勇人(左)に左越えソロ本塁打を浴びる岩貞祐太(撮影・上田博志)
巨人対阪神 3回裏巨人2死、坂本勇人(左)に左越えソロ本塁打を浴びる岩貞祐太(撮影・上田博志)

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング