虎だ虎だ虎になれ!

まるで別人だ阪神ナバーロ、2軍暮らしの成果出た?

世界野球「プレミア12」で必死にプレーする“猛虎戦士”が1人だけいる。この日、侍ジャパンと対戦したメキシコ代表入りしているエフレン・ナバーロだ。

日本対メキシコ 試合前練習で鈴木(右)と話すメキシコのナバーロ(撮影・滝沢徹郎)
日本対メキシコ 試合前練習で鈴木(右)と話すメキシコのナバーロ(撮影・滝沢徹郎)

昨季、鳴り物入りで入団したウィリン・ロサリオが不振とあってシーズン途中に加入してきた。右の大砲と期待されたロサリオの代わりに来たはずだったが、なぜか左打ちの巧打者タイプ。「なんで?」と正直、首をかしげたけれど、それなりの個性を見せ、2年目の契約を勝ち取った。

驚かされたのは今春の沖縄・宜野座キャンプだった。昨季と見違えるようにムキムキになっていた。「ビルドアップしただろう? 打球を飛ばさないとダメだからね!」。大砲としての期待に応えようとしての変身ぶりだった。

しかしシーズンが始まると逆に持ち前の器用さが影を潜める皮肉な結果になった。結局、途中から2軍暮らしでシーズンを終え、9月末に帰国。今月中にも阪神から去ることが正式に決まる。

「いいヤツだったんですけどね」。ナバーロについてそう振り返り、メキシコ代表としての戦いを見守っているのが阪神で通訳を務める橘佳祐だ。スペイン語を駆使し、外国人選手のケアをしている。そんな中でナバーロの人柄にふれた。

「確かにチャンスはもっとほしいよな。でも何より自分が成績を出せなかったのがよくないんだ。もらったチャンスをモノにできなかったのがいけない」

2軍にいたナバーロは首脳陣に不満を言うどころか常にそう話していたという。ナバーロが33歳、橘が31歳と年齢も近く、いろいろと話したようだ。帰国する際も「阪神には感謝している。こんなに応援してもらえる球場でプレーしたこともないしね」とキャリアを誇っていたという。そして今、メキシコの代表選手として再び日本に戻り、国際試合の真剣勝負を戦う。

「ファームで試合に出ていたということは、それだけ若手の打席機会を奪っていたことにもなるわけです。ある意味ではこの大会のために鍛えていたような感じですよね。だからこのぐらいはやってもらわないと…なんて思います」。ナバーロの活躍を見ながら橘は冗談交じりにそう言う。

ナバーロの願いは日本球団との契約だ。それが実現するかどうかはともかく、来季へ向けての戦いは秋季キャンプだけではないと思ってしまう。(敬称略)

記者生活30年超の高原寿夫・編集委員が、今シーズンの矢野タイガースに鋭く迫ります。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新