日本ハム・ハンコック、右肩検査などで米へ一時帰国

日本ハムのジャスティン・ハンコック投手(28)が26日、右肩の精密検査と治療のため、米国へ一時帰国した。再来日のスケジュールは未定。

11日の西武8回戦(札幌ドーム)で登板中に痛め、12日に札幌市内の病院で右肩腱板(けんばん)炎と診断され、出場選手登録を抹消されていた。今季の成績は8試合登板で0勝1敗2セーブ2ホールド、防御率9・00。