「消える」菅野の魔球スライダー…腕振り縦で真横に

<潜入>

巨人菅野智之投手(29)が不動のエースに君臨するきっかけは、オールスターにあった-。16年から奪三振数が飛躍的に増え、17年からは2年連続で沢村賞を受賞。投球術の進化や平均球速がアップしたことはもちろんだが、15年の球宴で「ある投手」から得たヒントをもとに、持ち球のスライダーにさらなる磨きをかけた。浮上したのは「ピッチトンネル」なるワード。本人、周囲の声から深層に迫る。

その他の写真

  • 菅野の「消えるスライダー」の軌道
前へ 1 2 次へ