掛布SEAが大山を熱血指導「早く開きすぎている」

<巨人6-3阪神>◇18日◇東京ドーム

「HANSHIN」を見せろ! 打撃不振の阪神大山悠輔内野手が解説で東京ドームを訪れた掛布オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)から熱血指導を受けた。試合前の練習中に矢野監督に促されると、ベンチ前で身ぶり手ぶりのレクチャーを5分近く受けた。

大山は10日の広島戦(京セラドーム大阪)で今季初めて4番を外れて6番に「降格」。その試合で逆転サヨナラ弾を放つなどしたが、不調から脱し切れていない。この日は「6番三塁」で出場し、8回の4打席目に右前打を放ったが、巨人3連戦で11打数1安打とブレーキになった。

掛布SEAは「胸のマークHANSHINが早く開きすぎている。胸のマークを抑えながら左中間方向に打ったらどうだ」と問いかけ「間がない。いい打者と今の大山を連続写真にすると、1コマ抜けている」と説明した。

その他の写真

  • 巨人対阪神 大山(右)に打撃指導する掛布SEA(撮影・加藤哉)
  • 巨人対阪神 矢野監督(左)と話す掛布SEA(撮影・加藤哉)