オリックス西野「負担かかった」体絞り故障禍一掃へ

オリックス西野真弘内野手が故障禍を一掃する。今季は6~7キロ体重を増やしパワー増を図ったが、8月17日ロッテ戦で右太もも裏を肉離れ。「体重、筋力が増えた分、体が扱えなくなっていました。下半身も鍛えたつもりでしたが、負担がかかった」。

再度体を絞って「言われたところはどこでも全力で守ります」という来季に向かう。毎年のようにけがに悩まされており「バファローズ・ポンタが守ってくれないかな」と人気キャラクターの力も借りる?