ヤクルト1位奥川当たりくじと監督メッセージに笑顔

ヤクルトのドラフト1位星稜・奥川恭伸投手(18)が18日、石川・金沢市の同校で伊東昭光編成部長から指名あいさつを受けた。奥川は、制服姿で緊張した面持ちで校舎の入り口で到着を待ち受けた。

阿部健太担当スカウトからは、高津監督が17日のドラフト会議で引き当てた「交渉権獲得」の紙を「奥川君 神宮で待っています 高津臣吾」とメッセージ入りで受け取り、笑顔を見せた。

伊東編成部長は「非常に優れた選手だと思っています。ご縁があって、入団の交渉権を獲得できたことをうれしく思います。今後とも、よろしくお願いします」とあいさつした。

奥川は、ドラフト会議から一夜明け「徐々に実感がわいてきました。これまでとは全く違う環境の中で、頑張っていきたいです。まずは焦らないで力をつけて、たくさん勝てる投手を目指して、チームに貢献したいです」と目標を掲げた。また、高津監督からのメッセージを受け「投手出身の方なので、いろいろ話を聞かせていただけたら、うれしいです」と話した。

その他の写真

  • 星稜・奥川はヤクルト高津監督のメッセージの入ったドラフト当たりクジを手にする(撮影・奥田泰也)