立正大先勝 首位打者狙う立松3安打で4割5分7厘

<東都大学野球:立正大8-2駒大>◇第7週第2日◇23日◇神宮

勝ち点を失った方が最下位となる対戦は、立正大が初回に3点を奪って先勝した。

打撃好調の立松由宇捕手(3年=藤代)が4打数3安打と活躍。打率を4割5分7厘まで伸ばし「首位打者はちょっとは意識しています。長打を狙わず、確実にヒットを狙ってつないでいくのは立正大らしいです」。固め打ちをすると他の選手も一気に打率は跳ね上がる。立松由自身にとっても最後まで気が抜けない戦いが続く。

その他の写真

  • 立正大対駒大 9回裏駒大無死、力投する立正大・倉田(撮影・河田真司)
  • 立正大対駒大 1回表立正大1死一、三塁、佐々木勝哉の先制適時打で盛り上がるベンチナイン(撮影・河田真司)