日本ハム3位上野響平「憧れです」目標は今宮健太

目標はソフトバンク今宮だ。日本ハムのドラフト3位、京都国際・上野響平内野手(18)が24日、京都市内の同校で指名あいさつを受けた。

憧れの選手に同じ遊撃手、172センチと同身長で背格好も重なる今宮を挙げ「体が小さくてもできるということをわからせてくれた選手だったので、憧れです」とプロでの理想像を口にした。

最大の売りは守備力で、グラブさばきやフットワークに自信を持つ。守備の名手に与えられるゴールデングラブ賞を、5年連続で獲得したこともある今宮について「確実性がすごくて、エラーもしない。守備でお客さんを呼べるような選手。そこが目標だと思う」と明確に見据えている。「日本を代表するような遊撃手になるのが目標なので、少しでも近づきたい」。得意とする分野にさらなる磨きをかけ、守備職人へと駆け上がる。

その他の写真

  • 栗山英樹監督のサインとメッセージが添えられたドラフト会議のパスを持つ京都国際・上野(撮影・山崎純一)