オリックス若月「だんだん慣れてきた」速球派に対応

オリックスが秋季練習を打ち上げた。期間中は、通常より球速を上げたピッチングマシンでフリー打撃を行った。

若月健矢捕手は「(体感は)150キロくらいでしょうか。だんだん慣れてきて当たるようになってきました」と話す。千賀ら速球派を打ち崩すために、ムダな動きを減らして速球に対応することを狙ったものだ。また、逆にスローボールを数多く打ち込む練習では、右方向へ打つなどチーム打撃を意識。西村監督は「速い球をどう打つか、自分の思ったところにどう打つか」と説明。秋季キャンプでも引き続き、“緩急トレ”を行う予定で、課題の得点力アップを目指す。

その他の写真

  • オリックス若月健矢(2019年5月1日撮影)