ヤクルト高津監督、奥川に「近くで投げる姿見たい」

ヤクルト首脳陣も奥川らと初めて対面した。高津監督は、未来の燕戦士へ「チームの雰囲気を感じて、オフの過ごし方を考えてほしい。プロの第1歩として、同じユニホームを着ることを楽しみにしています」とあいさつした。

奥川の春季キャンプについては「近くで投げる姿を見たいとは思うが、投手コーチやスカウトと相談して(1軍か2軍か)決めたい」とした。斎藤投手コーチは、練習の合間に奥川らと言葉をかわし「体は締まっているなという感じ。また春に元気に会えたら」と話した。

その他の写真

  • 高津監督と初対面し、あいさつをするドラフト1位星稜奥川(右)ら(撮影・保坂恭子)
  • 練習メニューの紙を手に、アップを見るドラフト1位星稜奥川(手前)ら(撮影・保坂恭子)
  • スタンドから練習を見ながらメモをとるドラフト1位星稜奥川(右端)ら(撮影・保坂恭子)