ソフトバンク育成の長谷川宙が移籍も 再契約を保留

ソフトバンク育成3年目を終えた長谷川宙輝投手(21)が他球団に移籍する可能性が15日、高まった。

13日の育成契約更新交渉で「いろいろと考えるところがあるので」と再契約を保留していた。14日の練習試合巨人戦では2回を投げたが、球団は再契約の意思がないことから練習に参加させられないと判断。長谷川宙は15日に秋季宮崎キャンプを離れ、福岡に戻った。潜在能力を高く評価する球団もあり、育成選手が3年終了時点で自動的に自由契約になるルールを使い、移籍することが濃厚になった。ソフトバンクでは14年オフに育成3年目を終えた亀沢恭平内野手(31)が中日に移籍した例がある。長谷川宙は16年育成ドラフト2位で聖徳学園(東京)から入団。今季は2軍戦9試合に登板して1勝2敗。防御率6・04だった。