松坂「諦めずに200という数字目指す」一問一答1

11日に都内で西武入団会見を行った松坂大輔投手(39)の一問一答は以下の通り。

-古巣復帰の心境

とにかく早くライオンズのユニホームを着たいと、今は思ってます。

-決め手は

すぐに声をかけていただいたのはライオンズ。何も迷うことはなかった。

-今のライオンズはどう映る

自分がいたころは投手力を中心とした守り、機動力のチームだった。チームを離れてからは強力打線のイメージ

-どんな活躍を

あまり大きなことは言えないですけど、リーグ3連覇、そして惜しいところで届いていない日本一のために少しでも力になりたい。

-14年前から変わったところは

たくさんあります。球も遅くなりましたし、やりたくなかったボールを動かす投球をしているし、いろんなところがある。でもそうしていることが今、自分の生きていく道だと思ってやっている。昔のイメージがある人がいると思うけど、今の自分ができる形を、100%出してチームに貢献していきたい。

-自身にとって西武はどういうチーム

アメリカから帰って、ホークス、ドラゴンズと他のチームを経験したけど、やっぱりライオンズに戻って来られるというのは、んー、なんて言うんですかね。家に帰ってきた感覚。ライオンズに決まった時は本当にうれしかった。

-西武での印象的な試合は

初登板の試合と、アメリカに行く前の最後の登板。周りに残した印象が強かった試合だったと思うし、このボールがというわけではないが、ライオンズでの最初と最後の試合ということで、自分の中で強く印象に残っている。

-西武では2度目の入団会見。ルーキーの会見を思い出したか

ここにくるまではなかったですね。さっき契約を済ませて昔の話をしながら思い出すことはありました。正直、今日も記者会見を開くのが申し訳ないと思ってここに来ました。

-200勝まで30。そこへのこだわり

難しくない数字だとは思いますけど、ここ数年を考えると近くもないなと思う。以前はそんなに200という数字に対して、考えることなかった。僕自身、終わりというものがだんだん近づいてきている中で、同時に達成したい気持ちが強くなってきているのも確か。周りは無理だという人が多いかとは思いますけど、自分自身が諦めることはしたくない。最初からそういう気持ちでやっていければ。最後まで諦めずに200という数字を目指してやっていきたい。

その他の写真

  • 14年ぶりに西武に復帰する松坂は、入団会見で記者の質問に考え込む(撮影・菅敏)