中日柳「人として目標に」横浜高先輩松坂と対戦熱望

中日柳裕也投手(25)が12日、ナゴヤ球場での自主トレ後「先輩松坂」との対戦を熱望した。11日の西武復帰会見を見たという柳は慎重に言葉を探しながら「もちろん交流戦で投げ合いたいです」と話した。

横浜高の先輩でもある松坂とは中日に在籍したこの2シーズン、濃密な時間を過ごした。「食事に連れていっていただいたりする中で、野球人というより人として目標にしたいと思いようになりました」と母校の先輩としてだけではなく、人生の目標として位置づける存在になった。

ドラフト1位で入団後、2年間で3勝。3年目の今季は自身初の2ケタ11勝をマークしたものの、苦しいときに松坂の生き様に間近で接し、話も聞けたことは成長に大きな手助けとなったことは間違いない。西武復帰会見に臨んだ先輩の姿をテレビで見ながら「試合で投げ合いたい」と心底思ったという。

4年目のさらなる飛躍を目指す柳にとって、刺激剤は松坂だけではない。4日に待望の第1子となる長男が誕生。「ホント、かわいいです」と目を細めた。2020年、待望久しい右のエースへ、先輩との対決も刺激にする。本格的な投球は年明け早々に開始する予定だ。

その他の写真

  • キャッチボールを終えパートナーの石田健人マルク(左)と談笑する柳裕也(右)(撮影・森本幸一)