阪神守屋が緊急会見「奥さまの暴力悩んでた」本部長

  • 一連の問題について会見する守屋(撮影・前岡正明)

阪神守屋功輝投手(26)が23日、兵庫・西宮市内で緊急会見を開くことになった。守屋は妻を殴ってケガをさせたとして、20日付で傷害容疑で書類送検されていた。

阪神の谷本球団本部長は23日、西宮市の球団事務所で、守屋本人と22日に会って事情を確認したことを明かし「一部報道がありましたが、昨日本人から聞いた内容とは相当食い違っている。守屋君は奥さまの日常的な暴力、暴言に相当悩んでいた。警察に呼ばれたのは事実なようですが、今お話ししたような内容を伝えた。話を聞く限り、常識的というか理解できることだったので、そちらを信用して対応していく」と球団としての姿勢を明かしていた。

◆守屋功輝(もりや・こうき)1993年(平5)11月25日生まれ、岡山県出身。倉敷工-ホンダ鈴鹿を経て14年ドラフト4位で阪神入り。昨季は中継ぎとして、チームでは島本、ジョンソンに次ぐ自己最多の57試合に登板。入団4年間で合計9試合登板だった右腕が、一気にブレークした。184センチ、88キロ。右投げ右打ち。