西武山川が逆方向へ1発「あの当たりでいくのかと」

  • 西武山川はシート打撃で本塁打を放ち「どすこいポーズ」(撮影・足立雅史)
  • シート打撃で右越え本塁打を放ち生還した西武山川(右)は2020年初どすこいポーズを決める。左は森(撮影・河田真司)
  • シート打撃で右越え本塁打を放つ西武山川(撮影・河田真司)

4番として期待される西武山川穂高内野手が“1号”を放った。シート打撃で打席に入り、森脇の140キロ直球を右翼ポール際へと運んだ。

生還後には、試合さながらのどすこいパフォーマンスを披露した。取り組んでいる右方向へ実戦初アーチを描き「あの当たりでいくのかと思いました。テラス席なら入っていたかも。もう少しやっていければいいかなと思います」と観衆をわかせた。