阪神ドラ5藤田がブルペンで必死の捕球、岩田は称賛

  • ドラフト5位藤田健斗捕手(18=中京学院大中京)は岩田の球を体で止める

阪神ドラフト5位藤田健斗捕手(18=中京学院大中京)がブルペンでベテラン岩田を初めて受けた。

最後は巨人丸との対戦を想定し、藤田がサインを出した。フォークなどのワンバウンドの球には体を張って止めた。「(投球後に)サインの出し方などを教えてもらいました。球が動くので、ミットの芯でなかなか捕れなかった」と反省。岩田は「そうやって信頼関係を築く」と、必死に捕球しようとするルーキーの姿をほめた。