阪神木浪が三塁打含む2安打「今良くても意味ない」

  • 練習試合 阪神対楽天 5回裏阪神1死、中前打を放つ木浪(撮影・前田充)
  • 練習試合阪神対楽天 3回裏阪神無死三塁、近本光司の犠飛で生還した木浪(左)に力こぶで出迎える福留(撮影・清水貴仁)

<練習試合:阪神7-6楽天>◇16日◇沖縄・宜野座

阪神木浪聖也内野手が勝負強さを発揮した。3回裏無死一、二塁の好機で、左腕辛島から2点適時三塁打。「思いっきり振れたので良かった」と振り返った。

5回にも中前へ運び、この日は2安打を放ったが「今良くても意味がない。アピールし続けないと」と気を引き締めた。井上打撃コーチは「カギになる選手。近本が2番を打つなら1番はカギになる。(1番は)聖也も候補」と期待を寄せた。