阪神矢野監督、実戦機会増え「いろいろ見えてくる」

阪神は第4クールが始まる18日には紅白戦が予定されている。20日には楽天(宜野座)と練習試合があるが、実戦機会を増やすため。

矢野燿大監督は「いろいろなものが見えてくる部分が多い。その中で課題とか、今までやってきたことがどうなのか」などと話し、プレーの質を高めることを目指していく。