巨人畠3回0封6K「大人の階段上った」宮本コーチ

  • 巨人対ロッテ 5回表ロッテ2死、井上から三者連続となる三振を奪う巨人2番手畠(撮影・加藤諒)

<練習試合:巨人4-3ロッテ>◇18日◇沖縄セルラー那覇

巨人畠世周投手(25)が開幕ローテーション争いに食らいついた。ロッテとの練習試合に2番手で4回から登板し、3回2安打無失点。直球がうなるようにコースに決まり、4者連続を含む6三振を奪った。「(三振は)全然考えてなかった。目の前のバッターを抑えられてよかった」と汗をぬぐった。

4回1死一塁。ロッテ和田から1つ目の三振を奪うと、アウトカウントを間違えベンチに戻るそぶりを見せた。「隙につながっていくと思うのでなくしていきたい」と気を引き締め「すみませんでした」となぜか報道陣に平謝りだった。

キャンプ中に原監督から打者目線で助言を受け、投球の間を意識した。その効果でこの日最速の147キロの球速以上に打者を差し込んだ。「バッターから嫌だと思われるような球を投げたい。自分はギリギリの立場。1試合1試合大切にやっていきたい」。宮本投手チーフコーチも「大人の階段を上った」と評した。