阪神ガンケルが7試合連続0封 好捕の近本たたえる

  • 広島対阪神 8回、イニングまたぎを無失点に抑えたジョー・ガンケル(左)を出迎える秋山拓巳(撮影・清水貴仁)
  • 広島対阪神 連敗をとめジョー・ガンケル(右)らとタッチを交わす矢野耀大監督(中央)(撮影・清水貴仁)
  • 広島対阪神 連敗をとめ選手を出迎える秋山拓巳(右から2人目)、ジョー・ガンケル(右)(撮影・清水貴仁)
  • 広島対阪神 2回を無失点に抑えたガンケル(撮影・加藤孝規)

<広島1-5阪神>◇9日◇マツダスタジアム

新助っ人ジョー・ガンケル投手が2回1安打無失点で今季3ホールド目をマークした。

1点リードの7回から登板し、先頭松山からスライダーで空振り三振を奪うと堂林、菊池涼を内野ゴロ。お役御免かと思われたが、来日初となるイニングまたぎで8回もマウンドへ。先頭田中広に左前打を浴びたが、後続を危なげなく抑えた。昨夜に続き2連投の登板。さらに中継ぎに転向して7試合連続無失点という好投。矢野監督から直接、ねぎらいの言葉を掛けられたガンケルは「(いつも)いい試合をしようと考えています。2イニング目、左バッターに追っつけられてインコースを攻めたら良かったと思うけど、(最後は)センターの近本が大きなフライを捕ってくれたので良かった」とホッとした表情。謙虚な右腕は8回2死から坂倉の大飛球をキャッチしたチームメートをたたえた。