巨人元木ヘッド10・2復帰へ、原監督見通し語る

虫垂炎の手術を受け、16日から入院治療を続けていた巨人元木大介ヘッドコーチ(48)が25日、中日戦(東京ドーム)前の1軍練習に参加した。

ベンチ入りはせず、原監督は「ずっと病室にいて、食事もまだ完全に、ではないのでね。少しゆったりと見てもらって。選手たちも顔を見れば安心しただろうし。予定通りいけば甲子園ぐらいから」と説明。10月1日の広島戦まで阿部2軍監督がヘッドコーチ代行を務め、2日から復帰する見通しを示した。

▽巨人岡本(元木ヘッドコーチについて)「痩せてましたし、声もあまり出てなかった。大丈夫かなと思いました。僕が打ってなかったんで、テレビ見てムカついていたみたいです。勝てて良かった」