日本ハム堀「つき上げられなかった」宮西言葉に発奮

日本ハム来季5年目の堀瑞輝投手が、中継ぎリーダーの言葉に発奮した。千葉・鎌ケ谷での秋季練習に参加。

今季は抑えも務めた宮西から「(抑えで)僕の名前が挙がるのは、まだまだリリーフ陣は力不足」と提唱された。若手の成長を促すベテランの発言に、堀は「自分でつき上げられなかった」と反省。「これだけ長く続けている人を見習いたい」。昨オフ、宮西との自主トレで行った走り込みで力をつける。