夏の絵日記2019

「汗っかき」の必需品/8月17日 千代丸

自らを「かなりの汗っかき」という千代丸関(28=九重)は、暑さ対策にこだわっています。数年前に3000円台で購入した小型扇風機を描いてくれました。

「どんなにエアコンを効かせても暑いときは暑いので、夏巡業の必需品ですね。前はコンセント式だったけど、充電式に変えて持つのがラクになりました」。風を浴びているときの表情は、非常に幸せそうです。

最近は首掛け型の扇風機も気になっているそうです。知人のものを借りて使ってみましたが「つけてみたけど、サイズが小さすぎました」とのこと。首回りにフィットせず、ファンから送り出される風が顔に当たりませんでした。

180センチ、193キロと巨漢の千代丸関。「首掛けは簡単に顔を冷やせるのでいいなと思っているんですが…」。力士仕様の、首掛け型の扇風機が発売されることを待望しています。

日刊スポーツ大相撲企画「大相撲 夏の絵日記2019」を掲載しています。 夏巡業に参加した関取衆らに個性あふれる絵を描いてもらいました。

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング

更新