白鵬説教中に貴ノ岩メール「誰だ?」に「彼女です」

  • FacebookMessenger
  • TL

 日本相撲協会の危機管理委員会は19日、平幕貴ノ岩(27=貴乃花)への暴行問題を起こした横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)に対し、東京・両国国技館で初めて事情聴取を実施した。関係者の話を総合すると、暴行現場はモンゴル人による飲み会ではなく、日本人3人を含む鳥取の相撲関係者による懇親会だったことが判明。日馬富士は、ビール瓶は否定したが、カラオケのリモコンと素手でたたいたことを認めたという。

 日馬富士への聞き取りは約2時間、協会側は危機管理委の高野委員長ら5人が担当した。日本相撲協会は当初、本格的な調査を九州場所後としていたが、当事者の聴取に着手。高野委員長は「彼(日馬富士)は淡々と事実関係に沿って話をした。きちんと粛々とお聞きした」と話した。

 同席した鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)は福岡に戻って会見。日馬富士が暴力をふるった事実は認められたが「今後は鳥取県警の捜査に支障をきたさないよう配慮しつつ、関係者の聴取を進めていきますので、本日の日馬富士の供述内容についてはまだ詳しく申し上げられません」とした。

 詳細は明かされなかったが、17日に任意で聴取した鳥取県警の捜査員らによると、10月25日夜の暴行現場に居合わせた顔触れが明らかになってきた。ちゃんこ店で1次会を終え、一行は2次会へ。飲食店の個室には、日馬富士と貴ノ岩のほか、白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦のほか、地元相撲関係者2人(日本人とモンゴル人が1人ずつ)と石浦の後援者が同席していた。個室の外では関取衆の付け人が飲食し、女性店員が接客していたという。

 この会合は、秋巡業が鳥取市で行われるため、地元関係者が力士をもてなした激励会のようなもの。モンゴル人同士の懇親会ではなく、1次会も2次会も地元相撲関係者が飲食代を支払った模様だ。

 協会関係者によれば、日馬富士はこの日の聴取でも暴行は認めたが、ビール瓶で殴ったことは否定。白鵬が説教している時に、貴ノ岩がスマートフォンでメールをいじり始め、「誰とだ?」と聞くと「彼女です」と答えたところでキレた。カラオケのリモコンや素手で頭などを数発たたいたという。

 鏡山部長は、鳥取の酒席に同席した力士のうち、九州場所に出場している力士への聴取は本場所後の27日以降に実施することを明かした。証言者によって食い違いが生じており、詳細な内容を調べる方針だ。これを受けて白鵬は「それができたなら、よかったんじゃないですか。残り、集中できる」と話した。

このニュースの写真

  • キレた日馬から数発
  • 貴ノ岩の経過
  • FacebookMessenger
  • TL