貴景勝が名古屋場所を休場 大関から陥落の見通し

右膝に不安を抱える大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が4日、かど番となる大相撲名古屋場所(7日初日、ドルフィンズアリーナ)の休場を明言した。途中出場の可能性も完全に否定し、2場所での大関陥落となる見込み。

この日の午後6時30分頃、名古屋市の部屋で師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と約10分間の話し合いを行った。当初は万全を訴えていたが「師匠の判断は絶対なので」と、翻意する結果となった。

長い相撲人生を見据え、頭に浮かんだのは目標に掲げる横綱の地位。「将来の自分を考えたときに万全に治した方が正しいんじゃないかと思った。もう一つ上の番付を目指すには、しっかり治さないといけない」。22歳の若武者は、9月の秋場所で大関返り咲きとなる2桁白星を目指す。

師匠の千賀ノ浦親方によると、貴景勝から休場を申し出たという。千賀ノ浦親方は「ホッとしています」と大きく息を吐いた。「同じ場所を2回痛めることは大きなダメージになる。自分で決断してくれて良かった」。貴景勝は今後、帰京して専門のトレーナーなどと治療、リハビリに励む予定。8月の夏巡業の参加は未定という。

貴景勝は夏場所4日目の御嶽海戦で寄り切った際に右膝を負傷した。先月12日に、まわしをつけて土俵上の稽古を再開。名古屋入り後、初めて稽古を行った25日以降は四股やスクワット、すり足など基礎運動での調整が続いていた。

2日から幕下以下の力士を相手に相撲を取る実践的な稽古を始めたが、関取衆との申し合い稽古は最後まで行わず、調整遅れが懸念されていた。

その他の写真

  • 千賀ノ浦部屋宿舎を無言で出る大関貴景勝(共同)