元KARAハラが自殺未遂、自宅で発見され病院搬送

日本でも人気だった、韓国ガールズグループKARAのメンバーだったク・ハラ(28)が26日未明、ソウル市江南区の自宅で意識を失っている状態で見つかった。韓国の聯合ニュースによると、自殺を図り、病院で治療を受けているという。

複数の同国メディアの報道によると、室内で煙を吸った形跡があったという。マネジャーが自宅で倒れているのを発見し、通報。病院へ搬送されたという。意識はないが、呼吸や脈拍は正常だという。

KARAは2007年(平19)3月に韓国でデビュー。キュートなダンスで日本でも人気を得て11年のNHK紅白歌合戦にも出場した。2016年(平28)に解散。代表曲「ミスター」「GOGOサマー」。グループ解散後、ハラは女優として活躍していた。

2018年(平30)にはカリスマ美容師との恋愛が判明。その後、元恋人からリベンジポルノで脅迫されたことを明らかにし、韓国の芸能界で衝撃を与えた。元恋人は今年1月に在宅起訴された。

 

◆KARA(カラ) 07年3月、韓国で4人ユニットでデビュー。08年2月、1人が脱退したが、メンバー再構成でリーダーのギュリ、スンヨン、ハラ、ニコル、ジヨンで全盛期を迎えた。09年「Honey」で韓国チャート1位を獲得。10年8月、「ミスター」で日本デビュー。ヒップダンスと、日本語トークでブレークし、同年のオリコン新人セールス部門では13億円を売り上げて1位に。11年末にはNHK紅白歌合戦に初出場。13年1月には韓国女性アーティストとして初めて東京ドーム公演を行った。