齋藤飛鳥、ソロダンスに1万5000人が大歓声

乃木坂46が26日、横浜アリーナで、23枚目シングル「Sing Out!」(5月29日発売)リリース記念ライブを開催した。1曲目に同曲を披露。間奏でセンター齋藤飛鳥(20)がソロダンスを見せ、ファン1万5000人から大歓声を浴びた。

6月中めどの卒業を発表している斉藤優里(25)、今月24日に卒業した伊藤かりん(26)もラストステージを飾った。斉藤は「約8年間、かけがえのない時間です。私の大好きな乃木坂46もずっとずっと永遠に応援よろしくお願いします。また笑って会いましょう!」とあいさつした。

その他の写真

  • ラストステージでファンにあいさつする乃木坂46斉藤優里
  • 横浜アリーナライブで新曲「Sing Out!」を披露した乃木坂46。中央は齋藤飛鳥