河瀬直美監督「カンヌ映画祭は五輪みたいなところ」

河瀬直美監督(51)の「朝が来る」が、世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭(フランス)事務局が3日(日本時間4日)発表した第73回映画祭の公式ラインアップに選ばれた。河瀬監督にとって同映画祭に公式に選出されたのは、新人監督賞「カメラドール」を受賞した97年「萌の朱雀」、03年「沙羅双樹」、グランプリを受賞した07年「殯(もがり)の森」、11年「朱花の月」、14年「2つめの窓」、15年「あん」、17年「光」に続き8度目。また、日本での公開日が10月23日に決まった。

今回、公式ラインアップに選ばれた56作品は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で5月12日から同23日の通常開催を見送ったカンヌ映画祭が、来春までの劇場公開を予定する作品の中から、従来のように部門ごとに区別はせず「CANNES 2020(カンヌレーベル)」として選んだもの。1946年(昭21)のスタート以来、74年に及ぶ映画祭の歴史の中で初の試みとなる。

河瀬監督は、東京オリンピックを記録する公式映画の監督を務める立場を踏まえ「カンヌ国際映画祭は、映画を間においてその愛に魅せられた人々の集う世界最高峰の場。スポーツで言えばオリンピックみたいなところ。俳優は選ばれし選手たち。一番いい色のメダルを掲げる表彰台はあの赤いカーペットの向こうにある。多くの人々がその映画に惜しみない拍手を送る。医療従事者の方々へ送られた拍手のように、その映画に出逢えたことへの「感謝」の拍手。人生を救われたり、壊れそうになった心を繋ぎ止めてくれたりする、映画は魔法だ」とコメントした。

その上で「正直に言えば、カンヌという、あの夢のような場所に『朝が来る』に参加した日本を代表する俳優やスタッフと共に行きたかった。そして、分かち合いたかった。でも、まだ地球ではそれができない。それは映画という『人生』の続きの場であり未来を形づくるリアルな舞台。その舞台はきっと、『朝が来る』の上映を待っている。『CANNES 2020』のレーベルという称号をいただけたことを誇りにして、これを機に、より多くの人々へこの映画を贈ります」と思いを語った。