ボイメン大阪研究生が初ライブ配信 4500人視聴

  • 無観客ライブ配信を行ったボイメン大阪研究生。左から内藤大耀、中下雄貴、高橋真佳把、岡大和、内海太一(撮影・星名希実)

名古屋発の男性グループBOYS AND MENの弟分「ボイメン大阪研究生」が2日、LINELIVEで初のライブ配信を行った。

2月に加入した新メンバーの中下雄貴(18)がグループのライブに初出演。「楽器とサッカーが大好きです」と自己紹介した。

オープニングで「無敵のOne Way Road」を披露。内海太一(19)は「僕らの声は届いてますか」と画面の向こうのファンに向かって呼びかけた。内藤大耀(15)は「今までライブができなかった分をこのライブに詰め込みたい」と意気込んだ。

ライブは約4500人が視聴。「アドバンテージ」「READY×READY」「VIVA!サマーウォーズ」「ごっつあん!エビバデ」も披露し、盛り上げた。

配信中には、ファンから「関西弁がかわいい」「本当に好きです」といったコメントが寄せられた。

高橋真佳把(18)は「コメントの反応が楽しかった。日本中、どこにいても見られると思うんで、いいと思うけど、いずれは生を見てほしい」と話した。

岡大和(21)は「元気を届けられたんじゃないかな。ライブだけじゃなくて大阪研究生らしいイベントができたら。わちゃわちゃを届けたい」と語った。

ボイメン大阪研究生として初のライブを終えた中下は「大阪でするライブは他と温度感が違う。5人で見せる迫力や見せ方を勉強しました」と手応えを感じていた。

ライブ視聴期間は9日午後11時までの予定。