宝塚星組公演20日まで中止 出演者らがコロナ感染

宝塚歌劇団は7日、新型コロナウイルス感染者が出たため7日の上演を中止した東京宝塚劇場の星組公演を今月20日まで中止することを発表した。

再開の時期は未定で、決まり次第、公式ホームページで発表する予定。公演の千秋楽は9月20日となっている。

同公演は、新トップ礼真琴と舞空瞳のトップお披露目公演で、出演者を79人から58人に減らして、7月31日に幕を開けた。しかし、今月4日に宝塚大劇場の花組公演の出演者、スタッフに感染者が出たことから、5日に星組公演の出演者79人、スタッフ115人の計194人を対象にPCR検査を受けた結果、6日夜に出演者1人の感染が分かり、7日の上演中止を決めていた。