伊藤健太郎逮捕も主演映画「十二単衣」11・6公開

29日に自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕され、30日に警視庁東京湾岸署から釈放された俳優伊藤健太郎(23)の主演映画「十二単衣を着た悪魔」(黒木瞳監督)配給のキノフィルムズは31日、予定通り11月6日に公開すると発表した。

キノフィルムズ社長を務める、木下グループの木下直哉CEOはコメントを発表した。

「去る10月29日、弊社制作・配給の映画『十二単衣を着た悪魔』に出演しております伊藤健太郎氏が、道路交通法違反等の被疑事実により逮捕されました。逮捕されてからの数日間、事実確認をしながら、関係各所と本作品公開についての協議を重ねて参りましたが、昨日10月30日の夕刻に釈放されたことを受け、予定通り全国の劇場にて公開させて頂く運びとなりましたことを、ここにご報告申し上げます」

「当然、上記決定に対しましては様々なご意見があることと存じますが、釈放後に本作関係者への自筆の謝罪書面を弊方が受け取り、また、報道を受けてなお、公開を望む方々からの多くの声を頂戴したことなども踏まえ、関係各社様のご理解、ご協力を賜り、上記の通り決定をした次第です。監督をはじめとした大勢のスタッフ、キャストが長い時間をかけた創作のご尽力に報いたいという想いも、本決定を後押し致しました」

「十二単衣を着た悪魔」は、黒木瞳(60)が内館牧子氏の原作にほれ込み、映画化した長編映画2作目の監督作。伊藤は劇中で、ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップした、就職試験59連敗中のフリーター伊藤雷を演じた。

ただ、公開2カ月前の9月に、桐壺帝を演じた伊勢谷友介被告(44)が大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕、起訴された。その際は「個人が起こした事件で作品は別」という観点からシーンのカットや再撮影は行わず、予定通り11月6日に公開すると発表した。

10月20日には都内で完成報告会を開き、黒木監督は自身が番組を持つニッポン放送に貼られたポスターを見て一目ぼれしてオファーしたと、伊藤の起用理由を説明。「念願かなって、すごい幸せ」と喜んだ。伊藤も「(演出で)役者の立場に立って考えてくれる」と感謝していた。

その会見の9日後、公開を8日後に控えた29日に、今度は黒木監督たっての希望で起用した主演の伊藤が逮捕された。公開前の2カ月連続で出演した俳優が相次いで逮捕されるという前代未聞の事態に陥った。

木下CEOは「映画は作品を観たいお客様が、自らの判断で選んで鑑賞するメディアであること、そのうえで、「個人の罪と作品は違う」という弊社の見解のもと、本編の再編集は行わずに、そのままの内容で上映をさせて頂きます。ご理解賜りたく存じます」と再編集は行わずに公開すると発表した。

公開が決まっていた全国54館で、予定通り上映することも決まった。木下CEOは「最後になりましたが、予定通りの期日で上映を決定して頂いた各劇場様には大変感謝しております。この場を借りて心より御礼を申し上げます。ご理解、ご協力を賜り、誠に有難うございました」(原文のまま)と各劇場に感謝した。