nikkansport.com @ mobile

サッカー

永島昭浩「スーパーゴォ〜ル」

組み立ての中心に3列目でタメ作れる青山/永島昭浩

  • FacebookMessenger
  • TL

<サッカー国際親善試合:日本3-0コスタリカ>◇11日◇大阪・パナソニックスタジアム吹田

日本対コスタリカ 前半、パスを出す青山(撮影・山崎安昭)
日本対コスタリカ 前半、パスを出す青山(撮影・山崎安昭)

新生代表は青山を中心に進んでいくと確信した。攻撃の組み立ての第1歩となるパスといい、ボールを奪った後のパスといい、質量ともに抜けていた。3列目に青山がいたからタメを作れ、2列目の堂安や中島に時間的な余裕を与えられた。周囲の特長を引き出せる選手で、故障がなければワールドカップ・ロシア大会の23人に入っていて当然の技量だった。

前線での小林、南野、堂安の3人の絡みも見応えがあった。南野は約4年間もオーストリアでプレーしたことで、大柄な相手に当たり負けしない体力、俊敏性を見せた。堂安もそうだが、体格のハンディを逆に優位性にしている。国際試合で「さばく」「抜く」といった球際の強さを表現できるのは、本当に心強い。海外組とアイデアを共有し、グループ戦術を成り立たせていた小林も立派だった。(日刊スポーツ評論家)

 ◆永島昭浩(ながしま・あきひろ) 1964年4月9日、神戸市生まれ。御影工から83年に松下(現G大阪)入り。清水、神戸で活躍。J通算165試合65得点。日本代表Aマッチ4試合出場。フジテレビ・スーパーニュース・スポーツキャスター。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

  1. J1昇格はどこ?/J2上位チーム最終節スコア速報
  2. 大混戦J2きょう運命の最終節 J1の命運握る町田
  3. 中島、堂安、南野頼みはまだ早い/セルジオ越後
  4. 酒井宏樹も心奪われた、森保監督バス渋滞中の名采配
  5. 警戒していた大分銀行ドーム渋滞「今回ははまった」
更新