ヤンなで宮沢“熱男”太さんに「もらった手紙宝物」

  • FacebookMessenger
  • TL

U-20女子ワールドカップ(W杯)で優勝した女子U-20(20歳以下)日本代表のヤングなでしこの選手21人が26日、帰国し、都内で優勝報告会見を開いた。

DF南萌華主将(19=浦和レッズレディース)ら選手は、池田太監督(47)を「太さん」と呼び、心からの信頼をのぞかせた。南は「1年半の集大成として優勝することができて、すごくうれしい」と語った上で「太さんは、その(出会った)時から熱男で、ミーティングでも誰よりも熱男。このすばらしい監督を世界一にしたいと思った」と笑みを浮かべた。

24日(日本時間25日)のスペインとの決勝戦で前半38分にスーパーロングシュートで先制点を決めたMF宮沢ひなた(18=日テレベレーザ)は「熱血でいつでも選手を第一に考えてくれて、太さんの下でサッカーやれたのは宝物」と満面の笑みを浮かべた。そして「アジア選手権の時にもらった手紙が、宝物。太さんの思いがこもっているなぁというのが、うれしくて、本当に太さんを世界一の監督にすることが出来て良かったと思います」と池田監督に感謝した。

池田監督は、南に「ちょっと上げ過ぎちゃった?」と笑いながら語りかけた。そしてチームを優勝に導いた、チーム作りの秘訣(ひけつ)について聞かれると「まず選手の元気に負けないことで、スタッフワークも選手に負けない良さを出していこうと。すばらしいスタッフワークで戦えたことが少し気にするというか、大事にしていたところ」と語った。【村上幸将】

このニュースの写真

  • FIFA U-20女子W杯で優勝し帰国会見に臨むメンバーたち。中央は冒頭であいさつする日本サッカー協会の田嶋幸三会長(撮影・小沢裕)
  • FacebookMessenger
  • TL