森保監督個人名挙げず「次の選考に」九州マッチ視察

<明治安田生命J1:鳥栖2-2大分>◇第21節◇4日◇駅スタ

日本代表の森保一監督(50)がサガン鳥栖-大分トリニータ戦を視察した。試合後に引き揚げる際、取材に応じた。

注目選手を問われ「全体的に見て、調子のいい選手やクオリティーを見せる選手を次の選考につなげようと思い見に来ました。定位置はないので、常に代表に必要な選手を見ています」。大分の得点ランク4位タイ9点のFWオナイウ阿道(23)やDF岩田智輝(22)の感想を求められたが、個人名を挙げての発言はなかった。

その他の写真

  • 鳥栖対大分 前半、激しく競る鳥栖FWフェルナンドトーレス(右)(撮影・菊川光一)
  • 鳥栖―大分 後半、2点目のゴールを決める大分・岩田(右)(共同)