競泳大本里佳が米合宿に出発「五輪本番見据えたい」

競泳女子の大本里佳(22=イトマン)が23日、成田空港から米高地合宿に向けて出発した。

男子背泳ぎの入江ら所属チームでの合宿で、標高約2100メートルのアリゾナ州フラッグスタッフに入って約3週間、練習を行う。大本は1700メートル前後の準高地合宿の経験はあるが、2000メートル以上は初めてという。「このタイミングで行って(体の状態が)どうなるか、確認したい。ここまで距離を中心に(練習を)やってきたので、スピード練習を始めていくと思います。五輪本番も見据えてやっていきたい」と意欲的。帰国後は11月21日開幕の東京都オープン(東京辰巳国際水泳場)に出場予定。