速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第78回】

興信所に自分の調査依頼

今、心の診察室では

セルフナーバス症候群

 リストラが静かに、静かにビジネスマンに忍び寄っている時代。自分の周囲から、1人また1人とリストラで消えていくと、誰でも「次は、俺かも…」と思い悩んでしまう。

 そうなると、自分は他人からどう思われ、どう評価されているか気になってしまう。それが高じると、ついには興信所などに調査を依頼するようになってしまう。もちろん、他人の調査ではなく、自分自身の調査である。

 「これを『セルフナーバス症候群』と呼んでいます。主に自意識過剰な人に多く見受けられます」と、初台関谷クリニック(東京都渋谷区)の関谷透院長は分析する。

 機械メーカーに勤めるC男さん(43)は課長になって5年。出世は早い方だが、ここへきてなかなか次長の声が掛からない。そんなときに、C男さんの頭に「リストラ?」の言葉が浮かび、次第に大きくなっていった。

 そして、「会社は私のことをどう思っているのか…」と、どんどん気になり始め、ついに興信所に調査を依頼した。

 2週間後に報告された調査書には、「可もなし、不可もなし」と。

 喜ぶべきはずなのに、C男さんは築いてきた自信を喪失してしまい、すっかり落ち込んでしまった。ささいなことにいら立ち、周囲の人々にもあたるようになった。

 このような変化にC男さんの奥さんが気付いて関谷院長のところへ。

 「セルフナーバス症候群を引き起こすのは、他人の目をあまりに気にする自意識過剰な性格の人です。この性格を少しずつ変えていくようにしなければなりません。治療はカウンセリングが中心になります」。

 C男さんは、出世しよう、他人より抜きん出ようとする意識が強く、それで自信を得ようとしていたのだ。

 「さまざまなことに挑戦し、視野を広げ、無理のないライフスタイルを見つけるようにアドバイスしました。そうなってくると、自信も湧き、周囲の目も必要以上に気にしなくなるのです。自分はどうしたいのか、周囲に惑わされずに明確にすると、生き方に自信がつくのです」。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

セルフナーバス症候群チェック

 (1)ヒソヒソ話は自分の噂をしていると思う。(2)周囲の評価が気になり自己主張できない。(3)自分に自信がない。(4)家庭より仕事。(5)人一倍働いてしまう。(6)同僚より出世が早いが不満が多い。当てはまる項目が多いほど要注意。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ